これからの室内犬との暮らしのために

ワクワクが止まりません。チワワの子が一匹、我が家にやってきました。このブログを始めたのもこの事の生活を綴っていくためにです。

ついに実現したワンちゃんとの日々。何度も何度も思い描いた未来でした。もうほんと、嬉しくて嬉しくて♪

今でも思い出す子供の頃。もう昔の話ですがw

どうしても母の許可が出ず愛犬と暮らすことは夢のまた夢。もちろん、犬を飼うのには様々な問題もあるというのはわかります。だからこそ、これからの毎日、この子をしっかり守りたい。それが今の決意です。

これから我が家でも愛犬を飼い始めるのですから、パートナーとなる愛犬との関係性についても家族間で話あっておくことが必要ですね。いかにワンちゃんのワンちゃんだと言っても問題なくヒトと犬とがともに暮らしていくことを望むならこの人間社会の中の約束事を少しずつでもしつけの中で覚えてもらうことが大切です。難しく考える必要はありません。トレーニンはじっくりと。しっかりとコミュニケーションをとることで最低限、一緒に暮らしていくために必要な約束事ならちゃんとしつけることができると思います。

我が子には自由気ままに暮らしてほしい。そう考えているワンちゃんのお父さん、お母さんもいらしゃることだと思います。が、大切な家族でもあるその犬にこの社会で人間と一緒に暮らすためのルールを覚えてもらうことができないと結果、あなた以上にあなたの愛犬にとっても良いことにはならないのではないでしょうか。

これからもあなたとそのワンちゃんがあなたのパートナーとしてあり続けることを可能にするためにもぜひ、しっかりとその愛犬をしつけてあげることこそが必要になってくるのではないでしょうか。

愛犬といつまでも一緒に暮らす時間を持てること。それもあなたのこれからの取組み次第です。

お部屋で飼うワンちゃんということでしたらかつて大ブームを巻き起こしたこともあるチワワですね。表情豊かなそのおめめは本当にたまりません。活発な動きが可愛いチワワ。神経質で吠えグセが残りやすいので幾分手を焼くこともあるでしょう。他にも気をつけたい点があります。寒さにはとっても弱いので充分みてあげましょう。防寒対策は特に気をつけてあげましょう。あ、そうそう。本当にいつもチワワらしいんだけど、実は意外とお家の用心棒としても頑張ってくれるんですよ。

少し話は変わりますがこれから室内犬を飼われることをお考えなら各自のライフスタイルにあった犬種を選択してあげることが大切です。ですから、様々な種類の犬の個性をちゃんとかんが考えてあげることを忘れないことです。

例えば、小さなお子さんがいるご家庭は真剣にその点を考えておきましょう。小さなお子さんのことが心配ということでしたら落ち着きがあり噛み癖のない犬種を選びましょう。小学生以上のお子さんがいるなら、逆により活発に触れ合うことができるような犬種を選ぶのも良いでしょう。

飼い主の責任として普段から常にその様子から健康状態をみておいてくださいね。これは大切な責任です。

例えば、犬の毛のお手入れのときに体をなでてあげながらその健康状態を確認することも飼い主のお仕事です。当然、こういった犬とのスキンシップは健康状態の確認だけでなくお互いの愛情確認を目的としたものでもあるわけです。ずっと楽しくワンちゃんと過ごすためにも早めになでられることに慣れてもらえる様にしておきたいですね。それ故に、飼い主さんはその子がどこを触られるのが喜ぶのか、多くの犬が嫌がる鼻先や足先などの好みを個別に確認しておくことも必要ですね。

胴長短足でもホントに可愛いその姿、これがミニチュアダックスフンドの人気の理由でしょう。うちの子と一緒に過ごしているとついつい笑顔がこぼれます。また、飼い主の立場としてはお手入れが非常にやりやすいという点も大きなポイントかもしれませんね。猟犬であるミニチュアダックスフンド。その生粋の狩りの本能で他人には攻撃的な姿勢を見せることも多いので吠えグセのしつけにはじっくり時間をかけてください。その他、どうしても腰に負担が貯まる犬種です。シーズなどと同様に椎間板ヘルニアが怖いので運動管理で肥満には気をつけたいですね。

ミニチュアダックスのような室内犬をしつける時は人間社会で暮らしていくためのルールを正しく教えることが大切です。ただ、私たちのルールだけを犬に与えても、犬にとっても幸せな生活を見つけることはできないでしょう。「社会的関わりをもちたい」、「適切に食事ととっていきたい」といった犬の習性に合わせた欲求も同時に考えていくことが大切なんですね。言うことを素直に効いてくれるワンちゃんがりこうな犬だというわけではないということにはお気づきでしょうか?我が家の番犬のはずのその子が誰にでも常に素直に言うことを聞くとしたらほんとにそれはおりこうなワンちゃんでしょうか?

【室内犬選びのポイント】:

その犬種の違いによって違う性質や性格であるわけですから賢さにもいろいろ違いがあるのではないでしょうか。

室内犬をはじめてしつけするあなたに知ってほしいことはいつも思うようにことが運ぶ様なものではないということです。ですから、なかなかトレーニングが上手く行かなくてもじっくりと腰を据えてワンちゃんのために毎日のトレーニングを続けていくことが一番重要なことだと思います。この訓練の難しさを忘れてしまうと、どうしても犬をトレーニングる際に感情が入ってしまいます。

トレーニングを行う際の不適切な振る舞いこそが目の前の愛犬を萎縮させてしまう結果になってしまうことでしょう。

うーん、なかなか文章がまとまらないw こればかりはなれていくしかないですね。少しずつ少しずつ。

これも犬のしつけと同じです。

参考サイト:「室内犬 しつけ 本」

はじめましてなブログです。

はじめまして。アロマ大好き管理人のあろままと申します。どうぞよろしくお願いします!

最近、大好きなブロガーさんが「みんあもブログを始めましょう♪」といったようなことを言われていたので思い切ってブログを始めてみました。

久しぶりのWordPressです。

でも、いざはじめてみるとWordPressの管理画面が昔とは大違いでちょっとだけ(?)混乱中💦 うーん、昔のWordPressってこんなのだったかなぁ。最近、物忘れが激しい管理人です。

気を取り直して頑張っていきますね。

最初はあまり気負わずに、毎日更新!なんて気合を入れてしまうと挫折の原因らしいのでのんびり気ままに書きたいことを思いついたときだけお気楽気分で更新していけたら良いのかなと思います。

こんな適当なあろままですがどうぞよろしくお願いいたします。ではでは〜

追記)
うーん、やっぱり新しいワードプレスは難しい・・・。頑張れ、ママ〜